トラップを極めるにはどうしたらいいか?

サッカーの技術が一点に集約されるのがトラップです。


ベルカンプにしろ、ロマーリオにしろ、ストイコビッチにしろ、ジダンにしろ、素人が見ても
サッカーって簡単そう、ボールを足で扱うのって楽そう、そんな気にさせるトラップを
します。


日本の選手と海外の超一流の選手の差はむちゃくちゃあるわけではありませんが
唯一あげるとするとやはり技術の精度なわけです。


クライフだか、ベンゲルが「サッカーはミスをするスポーツ」なわけですから技術の精度、
プレーの精度がそのまま勝敗を分けるわけです。


(ちなみに両軍まったくミスをしなければ試合は常にドローになります。わかります?)


サッカーにおけるすべてのプレーがトラップではじまるとするならば、自分のイメージした
場所にボールを止めることがいかに重要かということはおわかりでしょう。


そんなトラップを向上させるにはどうすればいいか?どんな練習があるか?


まずは壁に向ってボールを蹴って、跳ね返ってきたボールをきちんと止めるということ
でしょう。階段に向ってこれをやるとたまに恐るべき勢いで跳ね返ってきます。(笑)


プレッシャーがない状況でしっかりトラップができるようになれば、次は敵役をつけて、
そして難易度が高い浮き球、後方からのボールと練習をアレンジしていきます。


トラップの練習に終わりはありません。トラップにこだわる人っていうのは結構自分の
プレースタイルというかサッカー美学にトラップが大きく関わっていますから、追求する
のはある意味マニアは世界になってきます。


僕がこれまでトラップが巧いなぁと思った日本人の選手に、石塚(啓次)という選手が
いたんですかうまかったですね。未確認情報ですがひたすらトラップの練習を<していたとか。

ジダンばりのトラップが石塚にできたというと少し買い被りすぎかもしれませんが。


トラップで観客を沸かせる選手というのがJリーグでも早く出てくるといいですね。