お洒落なゴールを決める



強烈なシュートがシュートのすべてではないことはご存知のとおり。ちょっとお洒落に

テクニカルなシュートを決めてもいいわけですよね。


たぶん日本のサッカー選手育成現場にはこの視点が欠けているのではないかと思う
んですが、力一杯蹴らなくても、タイミングを外してシュートするとか、ちょこんと浮かせる
だとか、そうしたシュートでも一点は一点なんですよね。


どうも「ゴールの四隅を狙え」、「角度があるときはファーサイドを狙って蹴れ」という、
シュートの基本に頭がコチコチになっているような気がします。


曲げて狙ってもよし、キーパーの股間を狙ってもよし、キーパーの頭上を狙ってもよし


とにかく、ボールをもらったら、キーパーの位置を確認して、どんなシュートを打てば
得点になるかを咄嗟に判断するということです。


練習どおりのシチュエーションでシュートを打てる機会というのはまずないですから
状況判断して最善のプレー(ここではシュート)を選択する力が必要なんですね。



力一杯のシュートというのは必ずしも必要なものではないということです。それを教え

くれるのがブラジルの英雄ロマーリオ。彼を見てるとゴールを奪うことがとても簡単な

ことであると思ってしまいますよね。