走ったところにパスが来る!

動画は先日行われた横浜FMとバルセロナの試合ダイジェストです。


バルセロナは面白いように横浜FMのDFの裏をついてますよね。エトーがよく動いて
いるということもありますけど実に簡単に裏をとってます。


この試合のダイジェストを見ていて思ったことはシンプルなことですが走ったところに
ボールがしっかり来るということですよね。


2人でパス交換が行われている間に3人目が動き出したりするわけですがきちんと
スペースに走ったらそこにボールが飛んでくるわけです。


得点のシーンも3人が連動した動きでダイレクトでつないでいるので横浜DFも対応
がほとんどできずにやられてしまっています。


受け手と出し手の意思疎通がしっかりできていないと流れるようなパスワークが
できないわけですし、出し手を信じて受け手もスペースへ思い切って走れないわけ
ですよね。


また、ダイジェストを見ていて思ったことはパスの出し手がキープ力に優れているか
どうかが非常に大事なポイントだなということです。


ボールを持った人間がドリブルも出来、キープもできるとなるとDFとしては迂闊に
飛び込めないため、その分時間と空間に余裕ができるわけです。


ロナウジーニョなんかはその典型で十分にタメを作っては決定的なパスを通している
印象を受けました。


複数人が絡むパスワークをうまくやるには味方(パスの出し手)のキープ力を信じて
思い切ってスペースに走りこむこと、そしてまた走りこんだ味方に正確にパスを届ける
正確な技術が不可欠なんですね。