複数人による局面の打開


ドリブルで局面を打開するという選択肢を諦めている感じを日本のサッカーから受ける
のは決して私だけではないはずです。


Jリーグでも日本代表でも相手DFを引きずりながら強引にシュートにもっていくという
プレーはそうそうお目にかかれません。(少なくとも代表では見たことないですね。)


ドリブル、つまり個人技による崩しを諦めた日本サッカーが現在、世界と互角に戦う
ために活路を見出そうとしているのが複数人による崩しですよね。


1対1で局面を崩すのではなく、2人、3人と数的有利な状況を作り、連動した動きで
相手DFの網の目を突破しようというものです。


オランダやアルゼンチン、そしてブラジルといった個人の技術もフィジカルも半端では
ない国のサッカーと戦おうとなると、技術も体力も劣る日本がこうした戦術を取らざる
を得ないというのは仕方ないことかもしれませんね。


組織でやるサッカーというのは、「みんな一緒」が好きな日本人の性格には非常に
マッチしていると思います。日本人はまじめですから、「こういうサッカーをやろう!」
というチームの指針があれば疑うことなく、それに順応します。


高校サッカーでよく見かける、縦ポンサッカーを愚直に繰り返しているチームを見る
と涙が出そうになりますよね。チームのサッカーのためにただ11個の駒がいるだけ
のような印象を受けてしまうからでしょうか。


確かに組織プレーは日本人向きです。しかし、ゴールを奪うためというより、組織を
維持する約束事が優先されるような組織プレーが蔓延っているわけです。


約束事を守ろう!ポリシーを貫こうとするがあまり勝利への執着が薄れてきれいな
サッカーに終止してしまうという傾向は修正しないといけません。


世界に通用する日本人が目指す複数人による局面の打開と組織プレーが目指す
べき方向はジャズの演奏のような即興的な創造力のシナジーです。


意味がわかりませんね(笑)


要は状況に応じてプレーに関連する選手たちが同じゴールに至るプロセスの青写真
を頭に描いているということです。


これははまると凄いですね。相手DFはなす術なしに崩されますから。