パスは閃きだ!!

パスというのはボールを蹴るという行為ですよね。味方にボールを渡すために蹴る
わけですよ、ボールを。


サッカーの指導者はパスをするときの基本はインサイドキックで、ロングフィードには
インフロントキックがいいなんてことは教えられるんですが、


「いつ、どのタイミングで、どういう形で(転がすか、浮かせるか)」


ということは、教えられないと思うんですよ。蹴り方を覚えた先はその選手のセンス
ということになるわけです。


サッカー経験者ならわかると思いますが、一瞬なんです。まるで写真を切り取った
ように、ある状況、ある場面でパスをだすなら、ここしかない、浮かせろ!なんてことが
咄嗟に頭をよぎるわけです。


で、気づいたらスーパープレーで拍手喝采みたいな(笑)


もちろん、「狙って、狙って、ホイッ」とだすパスもあるわけですが、時が止まった瞬間
に放たれるパスというのもあるわけです。


これを「閃き」、「インスピレーション」なんていいますが、これはパスだけに限ったこと
ではないと思います。


どうすれば、パサーとしての閃きが起こるようになるか?


やはり先ずは経験を積まなければいけないでしょう。練習にしろ、試合にしろ相手が
いるなかで、どうすれば決定的なパスを出せるか、を常に考え、失敗を恐れずにパスを
送ってみることです。


何度も何度も繰り返していくうちに「ここに、こう蹴れば通るんじゃないか」という感じが
わかってくるはずです。


セーフティに味方をつなぐことだけを意識して、パスを回しているだけでは、決して「閃き」
は起こりませんので、ミスを恐れる気持ちだけには注意しましょう。



動画は閃きあるパスを集めたものです。やっぱりジーコって凄いです。惚れ惚れする

スルーパスを出しますよ。