パスの達人には見えないものが見えている


テレビを見ていると、


「ああっ!なんでそこにパスを出さない」
「逆サイドにフリーの選手がいるだろう!」


なんて、いう風に声を挙げたりしてしまうことはありませんか?私はよくあります。で
自分のイメージしたようなパスを選手がやってくれ、ゴールになろうものならなんだか
自分が凄い気がしてきます。(笑)


そんな優越感に浸るサッカー観戦もいいですが、「そう来たか!」「普通そっちには
出さないだろう」というようなパスが観れればうれしいし、プレイヤーならやってみたい
と思うのです。


意外性に富んだパス、相手DFに金縛りをかけるような予想だにしないパスというのが
ある意味、パサー冥利に尽きるといった感じになるとおもうのです。


そんなパサー冥利につきるとんでもパスを連発していたのが、「イバン・デラぺニャ」。


スペインは昔からグアルディオラにはじまり、シャビやシャビ・アロンソといった天才的
なプレーメーカーを生み出すことでも有名ですが、個人的には、デラぺニャが一番かと。


全然、走らないので監督によっては嫌われることも多いのですが、「そんなバカな!」
と思わず、腰が浮いちゃうようなパスをバシバシだしちゃうんですね〜。


残念ながらデラペニャの動画はなかったんですが、代わりにスルーパスを集めた動画
を紹介しておきますので、ご覧ください。いくつか「そこ出すか!!」というプレーがある
と思いますよ。