リフティング至上主義「日本」

「日本人は、一人でボールをこねくり回しているだけなら世界一だ」


以上のセリフは海外の監督や選手が日本の選手を見て、よく言う言葉です。確か
オシム監督も日本にきて、ボール遊びをしている選手たちをみてそのテクニックに
驚いたとかなんとかという話を聞いたことがあります。


そんな日本人が得意とするのがリフティング。リフティングだけならブラジルとだって
十分張り合えるぐらいうまいというのが専らの評判です。


逆にヨーロッパの選手などは、一流選手といわれる人であってもリフティングが下手
なことが多く、日本人の感覚からすると「それでもプロなの?」というレベルのリフティ
ングしかできない選手もいます。


どうして、こんなことが起こるのか?


推測ですがヨーロッパのサッカーは、まず勝利することが大前提としてあり、ボール
と戯れることは二の次というか眼中にないことが考えられるということです。


例えばヨーロッパでもさかんな柔道ですが、日本なら一番最初に練習する受け身の
練習をヨーロッパではすることはないそうです。


なぜなら「受身を取るときは負けるとき」だからです。負けるときの練習をする意味が
わからないというのがヨーロッパの考え方なんだとか。


これをサッカーに置き換えたとき、トレーニングはすべて勝利すること(ゴールを決める
あるいは点をやらない)ことから逆算して行うと考えるとリフティングがうまい、回数が
できるというのは、サッカーの試合で勝つことに何の関係がないわけなんですよね。


そんなショーみたいなことはフリースタイルを専門にする人にやらせればいいという
考えがあったりするわけです。


日本に話を戻すとどういうわけかリフティングはうまいけれど、試合ではさっぱりと
いう選手が滅法多いわけです。あなたの周りにもいませんか?そんな人。


日本ではリフティングというのは練習メニューで欠かせないものだと思うのです。


グラウンドの端から端までリフティングとかやってますよね。


一人で公園で一生懸命リフティングを練習している人もいるはずです。それはそれで
いいと思います。ボールタッチの感覚をつかむためには有効ですからね。


ただし、リフティングが上手い≠サッカーがうまい、戦える選手であるというわけ
ではないことも頭の片隅に入れておく必要があるということです。


リフティングをしていればサッカーが上手くなると考えるのは危険な考え方です。


リフティングだけでサッカーが上手くなるわけではないが、リフティングが無意味と いうわけでもないということです。ちょっとわかりにくいですね。