日本代表のパス回しに対する苦言---2007-7-27

オシムジャパンになって気になるところはドリブルで勝負できる選手がいないこと
でしょうか?


ボールは動かす、選手も走るサッカーでは正直ドリブラーはやっていくのは不可能な
ところもあるので、オシムはもしかすと「ドリブルは効率が悪い」っていう考えなのかも
しれませんね。


ということで、サウジ戦。


勝負を決めたのは個人の力でしたね。見事に阿部と中沢の2人が一発の切り返しで
翻弄されてしまいました。


で、まずいのはその後の日本の攻撃です。チンタラチンタラとパスをひたすら回すだけ。


なんでも世界を目指す日本は、パワープレーはしない方針なんだとか。アジアでそんな
ことをしても結局世界の舞台ではパワープレーなどできないのだからあくまでパス回し
による崩しにこだわったというわけです。


でもそのパス回しにアイデアがなかったですよね。ダイレクトパスで連動する動きもないし
ワン・ツーで局面を突破するというアイデアもなし。


バイタルエリア付近からロングを狙うこともせず、ドリブルでの進入も試みないというので
あれば、ラッキークロスに頼るしかないわけです。


リスクを負って攻めなければいけないのに誰もリスクを背負わないのであれば、どうして
点が取れるだろうかということです。