フリーキックの美学

「飛び道具一発で勝った!!」


サッカーの試合で大番狂わせが起こるとき、その演出をするのは「フリーキック」という
最高の飛び道具です。


相手DFに邪魔されることなく、自由にゴールを狙えるのがフリーキックなわけですから
チーム間の実力は何も関係なく、ただフリーキックを蹴る選手の実力のみが問題となる
わけです。


そんなフリーキックで重要なのは単純に「ゴール四隅の狙ったところに蹴れるかどうか」
この一点のみが重要でしょう。もちろんまっすぐの弾道で狙うか、カーブをかけて狙うか
などバリエーションがあったほうがいいのはいうまでもありません。


多くの場合、フリーキックは壁の頭上や脇を抜けて、なおかつボールスピードを落とさず
に蹴りたいという発想から「曲げて落とす」ような弾道で狙うことが多くなります。


フリーキックの感覚は、ピッチの状態やスパイク、ボールによって変わってきます。


練習でうまくいっても、試合では練習の5〜6割の力しか出せないというのは精神状態の
違いもありますが、以上のような環境の違いもあるんでしょうね。


フリーキックの練習では、壁をおいてゴール四隅を狙って何度も蹴るということが重要
になると思います。


動画はフリーキックの名手、シニシャ・ミハイロヴィチのものです。


曲げて落ちるフリーキックではやっぱりこの人凄いです。フリーキックだけでハットトリック
とかやってましたからね。