フリーキックの蹴り方:まとめと参考動画

フリーキックが百発百中で入るようになれば、その無敵の飛び道具があるチームは
まず負けることはなくなるでしょうね。


高校サッカーぐらいであれば、全国制覇できそうです。(きちんとディフェンスができた
場合の話ですが)。


で、フリーキックですが大きくまとめて3つの蹴り方があります。


○ 擦り上げるように蹴り、曲げて落とすフリーキック(中村俊輔・ベッカム他)

○ 無回転ブレ球のフリーキック(ジュニーニョ、C・ロナウド他)

○ 弾丸シュートでフリーキック(クーマン、ロベカル、岩本輝雄(笑)他)



いずれのフリーキックも実に技術がいります。弾丸シュートなんて力一杯蹴ればいい
と思うかもしれませんが狙ったところに力一杯蹴るほど難しいものはありません。


野球でもコントロールを気にすれば球威が落ち、球威を気にすればコントロールが乱れ
るといいますがこれはサッカーでも一緒です。


ということで、これからフリーキックを練習するのであれば従来どおりの曲げて落とす
フリーキックを練習することをおすすめします。


かつて、ドイツ代表の左サイドバックにブレーメ(懐かしい♪)というやたらと曲がるクロス
ボールを蹴る選手がいましたが、この選手はバレーボールで曲がるボールの蹴り方の
コツを掴んでからサッカーボールを蹴っていたそうですよ。


ベッカムのように驚異的な内転筋の強さでボールにカーブをかけることもあれば中村
俊輔のように身体全体の遠心力を使ってボールに回転をかける蹴り方もあります。


自分にあったフリーキックは練習のなかで見つけていくしかありませんが頭でもう少し
フリーキックを理解したいのなら


『ベッカムのボールはなぜ曲がるのか?フリーキックのサイエンス』
著者:浅井 武, 斉藤 健仁


がおすすめかもしれません。


僕は読んでませんが浅井 武さんはフリーキックの研究家として非常に有名(とっいって
もこの人しか研究してないのかもしれませんが(笑))なので、ハズレはないと思います。