サッカーの技術は螺旋を描いて向上する

クローズドスキル(ボールコントロール)が完璧であっても相手がいる試合になると
活躍できない、逆に試合では抜群の動きをするけれど、いざボールがくるときちんと
止めることができない、狙ったところにボールが蹴れないetc・・・・。


クローズドスキルとオープンスキルのバランスが取れていないとこんな事態になります。


サッカーがうまくなりたい、と思っている人は、まず今の自分に必要なサッカーの技術
がクローズドスキルか、オープンスキルのどちらかを把握しないといけません。


基本的な練習ステップとしては


○ ドリブルなり、パス、トラップといったクローズドスキルを練習する


○ チーム練習や試合でクローズドスキルの習熟度を測りつつ、試合で使える技術
   オープンスキルになっているかの確認をする。


○ チーム練習や試合で自分の足りないところを反省し、再びクローズドスキルを高める


こうしたサイクルを延々と繰り返していくことで、サッカーの技術は螺旋を描くように
グングン上達していくわけです。


より、効率的にサッカーの技術を向上させるには何より、この練習が実戦とどう結び
つくのかということを絶えず意識して練習するということです。


ただ、黙々と練習メニューをこなしているだけの選手と問題意識を持って練習している
選手のどちらがサッカーが巧くなるかといえば、いうまでもないでしょう。