無回転ブレ球フリーキックを蹴るには?

ユーロ2000の公式球ぐらいからでしたか?ボールの芯を捉えてキックすると野球で
いうナックルボールなみにボールがぶれるようになりましたよね。


これまでもボールの芯を捉えてキックすることでボールがぶれて飛んでいくことは
あったわけですが、それほどのブレでもなかったわけです。


しかし、点が入るようにボールを軽く、改良したことで、恐るべき魔球をサッカーでも
蹴れるようになったわけです。



いわゆる『無回転ブレ球フリーキック』といわれるものですが、ジュニーニョ・ベルナンプ

カーノを筆頭にC・ロナウドや日本でも本田圭祐、三浦淳なんかがその使い手として

有名ですよね。


無回転ブレ球フリーキックの場合、蹴った本人でもそのボールの弾道が予想できない
ので、当然キーパーも予想できるはずもなく、キーパー泣かせのフリーキックとなって
います。


コースと軌道さえ読めれば、対処できる従来の曲げて落とすフリーキックとは異なり
コースを読んでも手元で予測不能な軌道を描く無回転ブレ球フリーキックのほうが枠に
飛んだときにゴールになる確率は高いといえるでしょう。


で、どうやったら無回転ブレ球フリーキックを蹴れるようになるのか?ということですが
面白い動画があったので紹介しておきますね。


無回転ブレ球を蹴るには3つのポイントがあります。


○ ボールの芯を蹴る
○ 押し出すように蹴る(曲げて落とすフリーキックは擦りあげる感じ)
○ 新タイプのボールを使う(バレーボールでもできるのかな?)