2006野洲高校のパスワーク

今でも記憶に新しいパスワークと連動した選手の動きで相手DFを完璧に打ち破った
プレーが2006年の高校選手権決勝の野洲高校と鹿児島実業の延長戦のゴール
でしょう。


レーザービームのような鋭いサイドチェンジがあり、意表をつくヒールキックとダイレクト
パスで完璧に相手DFを崩しきったプレーにピンクのポルシェで有名な前園さんも思わず
「パーフェクトですね」と驚いていましたからね。


それぞれの選手が他の選手のプレーの特徴をよく知っているからこそできたプレーで
例えば、乾選手がサイドにスペースを作るために内に切れ込んだ後にヒールでボール
を残すことをわかって平原選手はフォローにいってますし、空いたスペースにはきっちり
中川選手が走りこんでいるんですよね。


これがまさに連動したプレーという奴でしょう。


野洲高校では相手を崩すにはどうしたらいいかということを念頭においてミニゲームを
よくやるんでしょうね。『崩しの感性』ともいうべきチームとしての攻撃の意思統一が
できていないとこういうプレーはでてこないでしょう。