サッカーのDVD、スーパープレー集はゴールシーンの特集ばかりで 飽き飽き
しませんか?


ドリブル、スルーパスetc...動画を見ながらサッカーがうまくなるため
のテクニックをマニアックに解説するサイトがあったら面白いのに
・・・。


そんなコンセプトから当サイトは生まれました!このサイトでは・・・


ドリブルの極意「チェンジオブペース・チェンジオブディレクションとは?
天才パサーだけがもつ「ピッチを俯瞰する目」とは?
ボールを止めるだけではないプロレベルのトラップに隠された意図とは?
無回転ブレ球フリーキックの蹴り方
管理人の偏ったサッカー観(笑)


サッカーがうまくなる情報がてんこ盛りです。

サッカー少しでもうまくなりたいあなた!当サイトが役に立つはずです。

サッカーのテクニックの極み!マラドーナの5人抜きを解説!

マラドーナの5人抜きはサッカーを知らない人でも、というか里田まいでも知っているスーパープレーです。


この5人抜きは素晴らしいです。サッカーのテクニックが凝縮したもので、ファーストタッチから その凄さはわかります。


この5人抜きに関してマラドーナは12タッチ(多分)しているわけですが、その1タッチ、1タッチ にまるで無駄がない。すべてが状況に適した完璧なボールタッチをしています。


例えば最初の3タッチ。


状況的に2人に囲まれるポジションにいるわけですが、パスを受けてからの3タッチで相手を かわしているわけですがこの状況を抜け出すことを考えた場合、マラドーナが選択したボール タッチの方向と角度以外はないでしょう。


ボールを止めて考えるのではなく、相手をかわす動きのなかでベストの ボールの動かし方をしているわけですよね。


3タッチ目で一気にスペースに抜け出したマラドーナのドリブルのタッチも見事。


相手を引き寄せるときはタッチを細かく、ペースを落とし、DFの体重移動を見切って ドリブルのリズムとボールタッチの大きさに変化を加えて抜けだしています。


微妙にドリブルの緩急を変え、相手の足が届かない場所にボールを動かすので イングランドDFは、いとも簡単に次々かわされていってしまうのです。


唯一、手をつかってユニフォームを引っ張れば、止められたかもしれませんがそこは すでに紳士の国ですからね、すでにマラドーナに見惚れていたのかもしれませんが(笑)


キーパーがいとも簡単に交わされているのは、横に2人走っていたのでちょっと とまどったのかもしれません。ドリブルのスーパープレーの裏側には味方選手のこうした隠れたアシストがあることがおおいです。



管理人おすすめのサッカーテクニックを動画で解説しています!

■動画解説バックナンバー

ロナウジーニョのドリブル

クインシーにチンチンにされる日本ユース代表

遠藤 保仁の職人的PK

■新 着 記 事

  1. 複数人による局面の打開
  2. パスワークの基本はワン・ツーか!?
  3. 走ったところにパスが来る!
  4. サッカー日本代表3連戦の感想---2007-08-22
  5. 世界と日本の「個のレベル」の違い---2007-9-23
  6. オフ・ザ・ボールの動きが玄人への道
  7. スペースを制すものが試合を制す!
  8. ROAD TO 2010 日本代表初陣!
  9. ロナウドのシザース(ステップオーバー)
  10. なんでも岡ちゃんのせいにしやがって!!